入社後のステップ

  • >
  • 入社後のステップ

技能を広げる、企業が広がる

技能を広げる、企業が広がる

現場サポートでは、一年目からジョブがあり、会社全員がその道のプロとしてお客様と向き合いながら仕事をします。

ずっとひとつのジョブを担当するだけでなく、複数ジョブを経験し、兼ね備えることによって果たせる役目を広げていってほしいと考えています。

個人のできることが増えることで、会社としてもより良いサービス提供の幅が広がることになるのです。

また本人の適性をみて、チームを導く「マネージャーコース」か、より専門知識を磨く「プロフェッショナルコース」のキャリアを選ぶことができます。

様々なジョブを経験し、チームを導くマネージャーコースか、専門知識を磨くプロフェッショナルコースに進みます 様々なジョブを経験し、チームを導くマネージャーコースか、専門知識を磨くプロフェッショナルコースに進みます

「共育ち型」の研修制度

現場サポートの教育の特徴は「共育ち型」です。
ひとりひとりの成長を社員全員がサポートし、専門分野のプロフェッショナルやリーダーを育成します。
ひとりひとりのキャリアに沿った研修プランが用意されています。
新入社員は3か月間、ビジネスの基礎知識から会社の経営理念を学ぶ基礎研修、各ジョブ毎のOJT研修、そしてゼロから始めて実際にシステムを作ってみるシステム開発研修まで充実しています。
中堅社員・管理職はマネジメントを学ぶ社長塾やコーチング研修、外部研修などに参加します。

ひとりひとりにあった研修プラン

各ジョブごとのOJT研修

ゼロから作るシステム開発研修

キャリア支援コーチによるキャリア面談

キャリア支援コーチによるキャリア面談

年 2回、業績評価目標管理とは別に、個人のキャリア開発のためのキャリア面談を実施します。
「社員ひとりひとりの成長無くして、会社の成長は無い」という考えのもと、日々の業務の中で、将来の自分自身のあるべき姿を意識してもらうことを願うと共に、そのビジョン実現のための行動計画支援を行うことをキャリア開発の目的とします。
キャリア支援コーチは他部門のマネージャーがつとめ、ひとりひとりの良さや意欲を引き出します。

今の技能を高める「業績目標管理」+これからのキャリアを考える「キャリア面談」 今の技能を高める「業績目標管理」+これからのキャリアを考える「キャリア面談」